心理カウンセラー 紹介

コジ塾の心理カウンセラー

アシスタント講師の写真

心理カウンセラーのたまちゃんです。2017年からコジ塾のアシスタント講師として事務作業を手伝うことになりました。私は授業をしたり勉強を直接教えたりはしないので、教室にはいますが客観的にコジ塾全体を見ていました。そして、1年ほど経った頃…ある現象に気づいたのです!!

入塾の際に「少人数のクラスの方がよく見てもらえそう。」「同じクラスに〇〇学校の子は何人いますか?」「うちの子人見知りなんですが大丈夫でしょうか?」など、講師の教え方や技術よりも、勉強以外の塾でその子が置かれる環境を重視している人が多いということです。

生徒さん側は「これは勉強の悩みだ」と信じて講師に相談をし、メイン講師は専門の「勉強のノウハウ」を使って解決しようと頑張ります。しかし、本当の悩みや原因が、実は『子育て』『家族や家庭』『コミュニケーション能力(人間力)』『コンプレックス』など勉強以外にあるのだとしたら、すごくもったいない時間をお互いに使って過ごしているだけではないのかと思い始めた私は、コジ塾で『学べること』=“ 勉強・学力 ”と『気づくこと』=“ 自分の能力・本当の原因を知る” を分けてみたらもっと効率よく「塾という場所」を利用できるのではないかと考えました。

そこで、『学べること』はメイン講師にお任せして、『気づくこと』や勉強以外の悩みを扱える専門家として心理カウンセラーが適していると考え、2019年に心理カウンセラーの資格を習得しました。

もし、成績が伸びない理由を勉強以外に感じたり、通塾しているのに満足できない気持ちを抱えたときには、遠慮なくコジ塾の心理カウンセラーを活用してもらえたらうれしいです。