講師紹介

コジ塾のメイン講師

メイン講師写真

主に生徒さんに直接指導をしたり、授業をするのがメイン講師です。メイン講師は今年(2018年現在)で講師歴15年になります。大学生の時に、家庭教師のアルバイトを始め、卒業後、神奈川県の進学塾の講師として中学受験をする小学生のクラスや中学生のクラスを担当しました。地元の萩市に帰ってからも大手の家庭教師会社のプロ講師として数名の生徒さんを受け持ちました。しだいに、自分で塾を開いて教えたいと思うようになり、開塾しました。その時はまだ『コジ塾』ではなく、塾に名前も付けずに自分でビラを配って生徒さんを募集しました。近所の子たちが生徒さんになり、お友だちを呼んでくれて人数が増えましたが、事前に決まっていた事情で塾をいったんお休みし…その後、個人で家庭教師として活動しました。その頃は萩市だけでなく、山口市や山陽小野田市や美祢市などの生徒さんにも出会うことができました。そうして、条件が整って再び開塾をする時に『コジ塾』と名前を付けて広告を出したという経緯です。ですから『コジ塾』は開塾より5年ほどですが、講師歴は15年になります。

そんなメイン講師ですが、生徒さんからは「優しい・質問しやすい」と言われることが多いです。講師本人は幼い頃から真面目な性格で『勉強に対する姿勢・考え』を重視しており、それが成績を上げる大きな要因になると考えています。だから生徒さんの言動一つ一つにそれが見えるかどうかがとっても気になって、時にはキツ~い言葉を発することもあるのですが、第一印象のソフトな感じが強すぎるようで…。また、「今日学校でね…」「家ではね…」と勉強やその他の話題を講師に話してくれる生徒さんが少なからずいます。講師は生徒さんを“子ども”ではなく、成長段階にある一人の人として向き合っているつもりです。子ども扱いして教えるのではなく、「ここまでできる?自分でできる?」と自分で考える力を養ってほしい。自分で勉強できるようにその方法を身に付けてほしいという思いがあります。そんな向き合い方が生徒さんにとって話しやすさとなっているのかなと思ったりもしています。

どうして塾講師になったの?と聞かれることがよくありますが、考えてみると「教えることが好き」の一言に尽きると思います。自分の知識をだれかに教えてあげて、相手がそれをどんどん吸収して自分のモノにしていく過程を見ているとうれしくなります。講師も学ぶことは好きですが、だれかが一生懸命に学ぼうと努力している姿を見るのもすごく好きです。それで教える対象を子供たちに絞らずに大人にも広げられる『パソコン教室』にも興味を持ちました。大人の生徒さんは興味や関心から自分自身で立てた目標に向かってじっくりと学ばれる方が多く、子供たちとはまた違った趣があります。必要としている人に必要な知識を存分に学んでもらい、人生に活かすサポートをしていくこの仕事に楽しさと誇りを持っています。

 

コジ塾の心理カウンセラー

アシスタント講師の写真

心理カウンセラーのたまちゃんです。2017年からコジ塾のアシスタント講師として事務作業を手伝うことになりました。私は授業をしたり勉強を直接教えたりはしないので、教室にはいますが客観的にコジ塾全体を見ていました。そして、1年ほど経った頃…ある現象に気づいたのです!!

入塾の際に「少人数のクラスの方がよく見てもらえそう。」「同じクラスに〇〇学校の子は何人いますか?」「うちの子人見知りなんですが大丈夫でしょうか?」など、講師の教え方や技術よりも、勉強以外の塾でその子が置かれる環境を重視している人が多いということです。

生徒さん側は「これは勉強の悩みだ」と信じて講師に相談をし、メイン講師は専門の「勉強のノウハウ」を使って解決しようと頑張ります。しかし、本当の悩みや原因が、実は『子育て』『家族や家庭』『コミュニケーション能力(人間力)』『コンプレックス』など勉強以外にあるのだとしたら、すごくもったいない時間をお互いに使って過ごしているだけではないのかと思い始めた私は、コジ塾で『学べること』=“ 勉強・学力 ”と『気づくこと』=“ 自分の能力・本当の原因を知る” を分けてみたらもっと効率よく「塾という場所」を利用できるのではないかと考えました。

そこで、『学べること』はメイン講師にお任せして、『気づくこと』や勉強以外の悩みを扱える専門家として心理カウンセラーが適していると考え、2019年に心理カウンセラーの資格を習得しました。

もし、成績が伸びない理由を勉強以外に感じたり、通塾しているのに満足できない気持ちを抱えたときには、遠慮なくコジ塾の心理カウンセラーを活用してもらえたらうれしいです。