英語

新しい中学英語の教科書内容がヤバかった・・・by萩市の学習塾コジ塾

令和3年度(2021年度)は中学校の教科書が新しくなる年です。

4年に1度教科書の内容が変わって、各学校がどの会社の教科書にするかを採択することになっています。

しかも!2021年から国が「新しい学習指導要領」を実施すると宣言しているため、ただ教科書が新しくなるだけではなくて、これまでとはかなり違った(ムズカしい)内容になるんじゃないの?!という話がでていました。

特にムズカしくなるよーと予想されていたのが、英語。

中学校でアルファベットの読み書きから始まっていた昔と違って、今は小学校で単語や会話などの授業が始まっていますからね。

で、今日、コジ塾で使用している教科書にそった問題集2021年度版の『Keyワーク』が届いて、それをチラッと見たわけですが・・・

びっくりの画像
これは・・・

やっぱり、難しくなっていました。

わかりやすくいうと、これまで中2で習っていた文法が中1で出てきていて、中3内容が中2で、高校の内容が中3で・・・という感じかなと。

もちろん、やってやれないことはない。

でも、とくに中1の生徒さんはかわいそうだな~と。

たしかに、昔の中1より英語には慣れているかもしれないですが、

小学校の英語だけで、実際に中学生に上がった時点で、

アルファベットの大文字小文字は全部カンペキに書けて、「色くらい、英語で言えるよ~。レッド、ブルー、イエロー・・・。曜日も習った!サンデイ、マンデイ、チューズデイ♪」ってその単語、スペル間違えずに書けるんですか?

って、そんな子あんまり見たことないけど・・・。

なのに、もう知ってるでしょ?やったよね?ってテストに出るのは、『書き』なんです。

小学生でいっぱい出てきた英単語がこれでもか!と中1英語の最初に出てきて、4月入学でたった1ヶ月半でテストするからスペル覚えておいてね~って、かわいそすぎる。

涙の画像

(まあ、この最初に英単語攻撃は実は数年前からなんですが・・・)

今回は文法さえも、もう知ってるよね?って感じで、

Are you ~? Do you~?

同時に出てきてるやん!ウソやろ?!

be動詞と一般動詞の違いや使い分けを小学校でちゃんと説明してくれてるんやろうね!

怒りの画像
(↑そこまで吠えんでも・・・)

と、教える側としては怒りたくなる内容となっておりました・・・。

「ここ、スペル違う。調べて?」「あ~、残念。単語テストもう一回!」「なんでそうなるのか前のページ見てごらん」と中学校の英文法を小学英語クラスでやっているコジ塾で、講師は「これってキビしすぎかなぁ」とときどき弱気になっていたりしたのですが、なんてことはない!今は間違っていなかったと自信を持って言えますね。

「やっといて、よかったね!」